NEWS

【共催企画】1/15(土)オンライン研究会『自治するまちのつくり方』・前新城市長の穂積亮次さんをお招きして

愛知県新城市前市長穂積亮次氏をMichiCafeにお招きしてオンライン配信します

若者に1千万円の予算提案権を付与する「若者政策・若者議会条例」、市長選挙の前に公開政策討論会を公設で実施する「公開政策討論会条例」など、全国初の政策を次々に提案、実施している愛知県新城市。その新城市で、この10月まで市長として、これら政策づくりを提案・リードした、穂積亮次さんをお招きし、「自治するまちの秘密」を語ります。 ※どなたでもご参加いただけます。

開催概要

■日時:2022年1月15日(土) 13時~16時ごろ
■ツール:ZOOM
■ゲスト:穂積亮次氏(前愛知県新城市長・2021年10月退任)
自己紹介:1952年生まれ。2005年、3市町村合併で誕生した新・新城市の初代市長に就任。以後4期16年市長をつとめました。在任中は、市民自治社会の創造(同市第1次総合計画)をめざして多くの政策形成に励みましたが、市庁舎建設事業では、当初案を修正する住民投票や市長リコール運動(不成立)にも直面しました。地方自治にかかわった経緯については『自治するまちのつくり方』中の松下啓一先生との対談に触れたとおりです。
■主催:神奈川県政策形成実践研究会、共催:多摩市若者会議 主宰者(松下啓一・前相模女子大教授) 拙著『自治するまちのつくり方』(イマジン出版社)の後半部分は、穂積さんとの対話になっています。穂積さんとの対談は、打てば響くという心地よさはいつものことながら、2040年に向けて、自治の未来を切り開く新たなヒントが満載です。この会も、そういう機会になればと思っています。意見交換の時間をたっぷりとりました。ぜひ社会実装的な議論をしたいですね。
■テーマ:自治するまちのつくり方~「住民自治」を本気で深堀りしてみよう
■プログラム: 12:50 ミーティングルーム開室。参加者受付開始 13:00 開会 13:10 チェックイン 13:15 主宰者より本日のテーマについて話題提供 13:25 穂積氏より話題提供 14:15 休憩 14:25 ディスカッション 15:50 閉会、事務連絡
■参加費:無料

申し込み

■締め切り:実施日の2日前まで(2022年1月13日)
■受付:以下のフォームからお申し込みください。お申し込みくださった方に、開催前日にミーティングルームのIDとパスワードをお知らせします。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScT4oqdcjRgzaBP632Hd79cnwFwacLOL-nKmPe13-KE0qXrug/viewform?usp=sf_link

-NEWS

© 2022 多摩市若者会議